Physical

身がい者としての心得その一 ( My motto 1 )


「自分の障害を受け入れ、現実逃避しない。」

これは一番の基本で大切なことでありながら、実際には結構難しい。子供の場合はあれは無理、これも出来ないと、多くの夢や将来への可能性を諦めなくてはならない。大人でも、特に後天的に障害をもった人にとっては、障害の無かった自分を知っているだけに、自由の利かないという現実を受け入れるのはそう簡単ではないと思う。

ただこれが出来ないことには、障害と共に生きて行くのは辛く厳しい。まず自分を受け容れなければ、他人や相手のことを考える心の余裕など持ち得ないわけで、次への一歩を踏み出すこともままならない。身障者としては最も重要なことじゃないだろうか。

時間は多少掛かったにせよ、自分というものを障害ごと受け入れられるようになれば、段々と障害者としてしか持てないポジティブな一面が自分の中に見えるようになってきて、より受け入れやすくなるじゃないかと思う。

—- English —
“ACCEPT YOUR DISABILITY. DON’T TRY TO ESCAPE FROM THE REALITY.”
Although, this is a very deep-going and essential one, it is sometimes very difficult to accept his or her disability actually. For children, they have to give up some dreams or possibilities for their future. Even for adults, especially for people who have an acquired disability, having known able-bodied themselves, I think it’s not easy to fix their eyes on the reality.

However, it is very hard to live together with disabilities without this acceptance. Without self-acceptance, we never be able to have a room for others in our mind. Consequently, we cannot make a step to the next. I believe that this self-acceptance is the most important thing for the disabled.

It may take quite a long time. But even if it’s partly, once you can accept disabled yourself, you will be able to see your disabled-special positive aspect in yourself little by little. It would helps you to accept yourself more!

ABOUT ME
アバター
LeoNewfie
これまで特に興味を持ったもの…ピアノ、通信、電気、音響、歌、写真、手技療法、東洋医学、ヨガ、デトックス、食、瞑想などを楽しく探求し、仕事でも趣味でもいい、柔軟に形を変えて人の役に立てていく。ご縁ある人の幸せをブーストし、その心に生きた証を残すための喜びの旅を続ける。